中国語翻訳フリーランサー

中国語翻訳や勉強を始めている初心者の方に発信する知って得する情報です。

翻訳会社

海外取引を背景にする企業の増加

グローバル化が進んでおりますビジネスの場面は、以前規模のある貿易商社でしか取り扱えなかった海外との取引は、いまや中小企業でも簡単に行っているのが常識になりつつあります。自社ウェブサイトを外国語対応に多言語化したり、業務マニュアルや説明書を外国語に翻訳したり、プレゼン資料を翻訳したりする際に、翻訳会社を上手に活用した方がより正確に効率よく作成することが可能になります。

翻訳会社の専門分野をチェックする

翻訳会社を選定する際には、翻訳実績を確認することが最も重要です。例えば技術文書の翻訳実績が多い、政府や官公庁からの依頼が多い、弁護士事務所系の依頼が多いなど、翻訳会社によってそれぞれ得意な分野が異なります。

外国語ネイティブと日本人とのクロスチェック体制

また、翻訳チェックについても、日本人とネイティブの役割分担で確認する必要があります。万全な翻訳仕上がりを得られるには、ネイティブ翻訳で日本人チェックの2重体制になっているかどうかなどのポイントがあります。どうしても、日本人と外国人のチェックポイントが異なるので、ネイティブ翻訳だけでは日本語の内容が伝わりにくかったりするものですので、日本人の役割も重要になります。

おすすめな翻訳会社の選定ポイント

最後に、チェックポイントとして翻訳料金と納期になります。品質が保たれていることがもちろんの事が、自分の予算内で必要とする納期に間に合うスピードを持った翻訳会社かどうかは、ビジネスを進める上では非常に重要です。

以上で、おすすめな翻訳会社を選ぶポイントとなります。あなたの海外ビジネスが成功するように願っております。

現在流行っているアプリによる無料の中国語翻訳とは?

中国語翻訳

翻訳ツールが発達している現在では、わざわざ翻訳会社に中国語翻訳の依頼をしなくても、インターネットで検索してみると、容易に便利な翻訳サイトにたどり着く事ができるでしょう。

グーグル翻訳を代表とするアプリ翻訳は、積極的に「ニューラル機械翻訳」を活用した翻訳によって、精度が一気に向上されたと思っていますが、実例として英語や韓国語の翻訳精度が高くなっているのを実感しました。

インターネットで無料翻訳を行うサイトは数多くありますが、英訳サイトの翻訳精度が飛躍に進んだとしても、中国語翻訳の場合には、語彙の表現・文法が多様である事も多く、あまりにも正確な翻訳作品を得られるのは難しいようです。

インターネットで行う無料の中文翻訳だけでは、ネイティブが普段使用している文章とはかなり差がある考えられます。プライベートな翻訳であれば、インターネットで行う無料の中国語翻訳でも理解できればいいかもしれませんが、ビジネスの場面においては、実用になるまでほど遠いですね。

例え:契約書やカタログなどを翻訳しようと思ったら、文字数の上限があります。文字数を踏まえた上で翻訳するのは、自動翻訳では難しいでしょう。

また、小説や映画の字幕なども、もはや翻訳というよりは創作です。こういった人の感情を揺さぶるための翻訳は、機械翻訳ではいつか代替えできるかは思っていません。やはり、人間の創造性や知性が必要な領域まで、自動翻訳で習得するのが難しいでしょうね。

例えば、今まで100%人手で翻訳していたところを、自動翻訳を活用することにより、25%に削減できるなど、効率化をはかることができます。

一方で社外に提出資料は、自動翻訳に100%頼るのは難しいでしょう。情報を提供する側には責任もありますし、誤解を与えない表現になっているか、正しい文章になっているかなどは、今後も人力翻訳に近い翻訳を得られるには、少なくても人がチェックする必要があります。

中国語繁体字と中国語簡体字の違いについて

中国語繁体字の翻訳

今回は繁体字に関することに関して述べていきたいと思います。

「中国語(簡体字)、中国語(繁体字)」今までこの二つをみて、簡体字繁体字の違いに関して疑問を持った方もたくさんいらっしゃるのではないのでしょうか。今回はその違いにも触れていきたいと思います。

中国語の中には大きく分けて二つの書き言葉があります。それが繁体字簡体字です。もともとは、繁体字が主に使われていました。しかし、今から約60年前の中国では識字率がとても低い状態にありました。その課題を解決すべく、中国政府が出した漢字簡略法案によって繁体字の簡略化が進められていきました。それによって誕生したのが簡体字です。

一方、繁体字は古くから中国に伝わっている文字なので、もちろん日本語も繁体字から派生しています。簡体字は日本語の漢字よりもさらに簡略化された文字が使われています。いわば、繁体字旧字体簡体字新字体、ということになります。簡体字は主に、中国、シンガポール、マレーシアで使用されており、繁体字は台湾、香港、マカオで利用されています。

今回の記事で中国語繁体字に関することが少しは理解できたのではないでしょうか。中国はとても広い国なので、地域ごとにより文化、文字、言葉の違いがとても多いです。

ぜひ自分でも中国の魅力をさらに探してみてください。

いい中国語翻訳会社を見分けるには

中国語翻訳会社の選定ポイントとは

中国語翻訳会社選びで大事なのは?

近年、中国語翻訳は特に需要が高まっています。

しかしいざ翻訳会社に依頼しようとするといろいろな会社があって、どこに依頼すればいいのか迷ってしまう……という方も多いのではないでしょうか。

中国語翻訳会社の品質はさまざま。

会社選びを失敗すると、中国語翻訳の質が悪かったり、最初に会社が出した見積もりより高い金額を請求されたりといったトラブルになる可能性もあります。

いい中国語翻訳会社を選ぶときの一番のポイントは「スタッフの対応」です。

翻訳会社に中国語翻訳を依頼するとき、会社の窓口として対応をしてくれるのがコーディネーターと呼ばれるスタッフです。

コーディネーターは会社へ依頼された原稿の内容を把握して最適な中国語翻訳の担当者を選定したり、会社と依頼者との連絡や、スケジュール調整など行ないます。

また、納品後のアフターフォローを行なうのもコーディネーターです。

そのため、スタッフの質が翻訳会社の質につながるといっても過言ではありません。

スタッフの対応が悪い翻訳会社の中国語翻訳は、トラブルにつながることもあります。

中国語翻訳会社を選ぶときは、スタッフが迅速・丁寧な対応をしてくれる会社にしましょう。

こんな中国語翻訳会社には注意!

スピーディな中国語翻訳をしてくれる会社は依頼者にとって心強いものですが、あまりに納期が早すぎる翻訳会社は要注意。

このような翻訳会社の中には文章を分けて複数人で翻訳したり、校正をしていなかったりする会社もあり、そのような会社では品質の悪い中国語翻訳になりかねません。

価格や納期で疑問に思った場合は、翻訳会社にその理由を尋ねてみたり、他の依頼者から中国語翻訳の評価を聞いてみたりしてみると良いでしょう。