中国語翻訳フリーランサー

中国語翻訳や勉強を始めている初心者の方に発信する知って得する情報です。

中国語との相違性を認識しながら、台湾語翻訳を心がけましょう!

台湾向けの中国語翻訳

台湾語の翻訳

 

グローバル世界における影響力を年々増してきている中国。

最近では、日本語から中国語への翻訳の需要が急増しています。中国語は漢字を使うため、日本人にとっても親しく感じられますが、中国語への翻訳を依頼する際、細かな点を注意しなければならない。今回は、中国語翻訳を依頼するときに抑えておきたいポイントについて、いくつかをご紹介します。

まず、台湾語と中国語に違いはある?

台湾語とは中国語という大きなカテゴリー内の方言と見なされている。

台湾語は、もともと中国福建省の南部で使用される閩南語(ミンナン語)から派生した一種の方言で、主に台湾南部地域に使われる言葉です。ここで台湾向けの中国語繁体字台湾語と呼ばれるようになります。

中国語に書き言葉として簡体字繁体字の2種類が存在します。

台湾語は中国語繁体字を使用します。一方、中国大陸で使用されるのは中国語簡体字となります。簡体字繁体字は似て非なるもので、「同じ中国語で似ているから、互いに意味が理解できるだろう」は通用しません。その為、日本語から台湾語へ翻訳する場合は、中国語が堪能だけでは不十分で、何といっても台湾語独特の使い方を熟知するネイティブに依頼する必要があります。

約70年に渡り台湾と中国大陸は、それぞれ異なる政治背景や歴史経過により、言語も異なる進化を遂げています。台湾語、中国語ともに表記には漢字を使う点は共通していますが、単語や表現などが違うものも多々あります。その中でも様々な分野に関する表現や新しい言葉、英訳した概念は全く違う字を当てて使うことが多いです。

台湾語翻訳に関する過去の翻訳事例は以下のようにご紹介します。

ホームページ翻訳

 

【翻訳ポイント】

ホームページ翻訳というのは日本語の内容を正確に訳せば、それで良しというものではありません。ホームページのアピールしたいポイントを知ってもらうには、文化的背景などの違いにも配慮して、微妙なニュアンスが伝わる翻訳が必要となります。一般的にホームページ掲載の公用語として、英語、韓国語、中国語、台湾語が使われていますが、ここで台湾語翻訳について、ご説明していきます。

1. 台湾人観光客向けホームページ翻訳の基本

日本を訪れる台湾人観光客向けホームページを翻訳する際には、まず掴んでおいた方がいいのは、 訪日観光客の属性に合わせて翻訳することで、より大きな集客効果を発揮することができるだろう。

例えば、「出張でやってきたビジネスマン」と「観光目的で訪れた家族」では同じ東京で食事をとっても選択する飲食店は異なるでしょう。それと同じように日本人お客さんと台湾人観光客では注目するポイントは異なるべきです。

2.ホームページ翻訳に意識したい表記のポイント

台湾人向けのホームページを台湾語で翻訳する際にまず考えるのは、その表記ではないでしょうか。「台湾語でどのように表記するのがいいのか」「価格はどう表示すればいいのか」など、多くの課題があるかと思います。

3.台湾人でもわかりやすい表示にするには?

まず、台湾語での表記を考える前に「図やイラストで表現できるものはないのか」を考えてみましょう。

各メニューについて、台湾語以外にも記号や図、イラストなどで表現した方がわかりやすい場合がありますので、ぜひご利用しましょう。

5.台湾人の風習へ配慮しましょう。

台湾人観光客に利用しやすいようにその歴史や文化、伝統、食文化、目で見てわかるやりとり、気を付けたいジェスチャーなどを十分に配慮しながら、台湾の風習について理解する必要があります。

例えば、台湾の露天風呂ではみんなが水着と水泳帽を着用して、男女の混浴が多いです。 台湾人観光客が訪れる温泉宿には、台湾語で注意書きを書いておく必要があると考えます。 同じようにホーム ページでもそのような風習の違いを意識しながら、翻訳作業を実施していきましょう。

6.台湾人観光客がどんなものに興味があるのかを意識しよう。

台湾人が何を求めてホームページに訪れるのかは、ウェブサイト翻訳者であれば意識したい視点です。

台湾では、日本の旅行情報を調べるホームページが公開されています。

これらの ページでは観光地の紹介や電車利用で注意したいことの解説など様々な記事が掲載されており、人気の記事を調べることもできます。

台湾人がどのようなことに興味を持って日本にやってくるのかを意識して、魅力的なホームページに翻訳していきましょう。

 

【翻訳事例】

民間企業

海外情報発信サイト

地方自治

教育機関・研究所

官公庁・地方自治

観光施設・テーマパーク

ホテル・温泉旅館などの宿泊施設

空港・鉄道・港

商業施設・百貨店・免税店

飲食店・・・

 

台湾語が中国語との違い】

日本語 中国語 台湾語
ホテル 酒店 飯店
タクシー 出租车 計程車
バス 公交车 公車
自転車 自行车 腳踏車
弁当 盒饭 便當
夜食 夜宵 宵夜
ファーストフード 快餐 速食
インスタントラーメン 方便面 泡麵
サーモン 三文鱼 鮭魚
茶碗蒸し 蒸鸡蛋 茶碗蒸
トマト 西红柿 番茄
ジャガイモ 土豆 洋芋
パイナップル 菠萝 鳳梨
ヨーグルト 酸奶 優格
チーズ 奶酪 起司
健康食品 绿色食品 健康食品

 

マーケティング翻訳

 

【翻訳ポイント】

翻訳分野の中でマーケティングは、かなりの労力を必要とし、シニア翻訳者でも手が焼ける分野ではないでしょうか?

海外マーケティングを必要としている様々な業種があり、必要に応じて各分野の専門用語やスタイルを調べ、学ぶ必要があるからです。どの言語ペアでも同様と思いますが、ここで、にほんごから台湾語への翻訳におけるマーケティング翻訳について、ご紹介したいと思います。

まず、翻訳材料である原文ですが、これをそのまま翻訳しただけでは勿論意味を成しません。台湾に進出しようとするターゲットとなっている商品やサービスのリサーチから始まります。台湾市場ではどの様なマーケティングが展開されているかを知ることも重要です。しかも言葉は日々誕生しています。特にマーケティングによって新しい外来語が広められ、造語、略語も生まれます。

次に、翻訳依頼側が何を伝えたいのかを熟知すること。これはどの分野に関係なく大切に対処しなければならない。強調すべき部分、触れてほしくない部分を把握すること、翻訳者も自分がそのマーケティングのマネージャーになったつもりで、セールスポイントをしっかりと把握しておくことが重要です。

マーケティング翻訳には、ターゲット商品や企業のイメージを印象付けるパンフレットなどのウェブサイトや各種広告などをほかの言語に変換する際には、正しく分かりやすい表現を用いた台湾語翻訳が求められます。直訳するだけではニュアンスに違いが生じますので、原文を壊さずにそのまま提案者の意思を台湾人消費者に伝達することも重要です。

また、パンフレットや広告文などは一目で商品やサービスの内容を伝えるために、その分かりやすさや見やすさ、デザイン性ももちろん重要です。つまり、具体性と簡潔さ、情報量のバランスなども考慮して翻訳する必要があるのです。 専門業者の翻訳サービスを利用して適切な翻訳をすることによって、国内のみならず、広く世界に向けてのアピールが可能になると言えるでしょう。

 

【翻訳事例】

会社案内

カタログ

パンフレット

ホームページ

展示会パネル

学校案内

広報文書

プレスリリース・・・

 

台湾語が中国語との違い】

日本語 中国語 台湾語
北朝鮮 朝鲜 北韓
カンボジア 柬埔寨 高棉
シンガポール 新加坡 星加坡
オーストラリア 大利 澳洲
シドニー 悉尼 雪梨
チュニジア 突尼斯 突尼西亞
マラッカ海峡 马六甲海峡 麻六甲海峽
ワシントン 华盛顿 華府
ブッシュ 布什 布希
レーガン 里根 雷根
ニクソン 尼克松 尼克森
プーチン 普京 蒲亭
ヒラリー 希拉里 希拉莉
オバマ 奥巴马 歐巴馬
トランプ 特朗普 川普

 

台湾向けローカライズ翻訳

台湾語ローカライズ

 

IT系ローカライズ

 

【翻訳ポイント】

ローカライズとは、「台湾に向けて作られたゲームや漫画、ソフトウェア、コンテンツなどを、台湾で受け入れられるように改良する」作業です。

ローカライズには、日本語から台湾語に変換する「翻訳作業」のほか、現地の文化や慣習などに合わせて、対象製品に改良を加える「カルチャライズ」の要素も含みます。日本の漢字と似たような台湾でも、使われる文字の微妙な違いがあるため、注意が必要になります。

ローカライズ翻訳者は、「IT知識」「語学力」「対象製品への理解」「台湾語・文化・慣習への理解」などが必要になります。

台湾語学力」については、中国語検定などに挑戦して高スコアを目指すのが良いでしょう。

 

【翻訳事例】

操作マニュアル

保守マニュアル

メンテナンスマニュアル

ユーザーマニュアル

取扱説明書

設計仕様書

各種ソフトウェアのローカライズ

ヘルプファイルの翻訳

各種マニュアル類の翻訳

レーニングマニュアル

ユーザーマニュアル

RCヘルプファイル・・・

 

台湾語が中国語との違い】

日本語 中国語 台湾語
クリック 点击 點選
ビデオ 视频 視訊
ハッカー 黑客 駭客
ログイン 登录 登入
ハードディスク 硬盘 硬碟
ソフトウェア 软件 軟體
サーバー 服务器 伺服器
ウィンドウ 窗口 視窗
フォルダー 文件夹 檔案夾
アイコン 图标 圖示
USBメモリ U盘 隨身碟
USBメモリ 网络 隨身碟
プログラム 程序 程式
プリンター 打印机 印表機

 

パンフレット翻訳

 

【翻訳ポイント】

日本語から台湾語へパンフレットを翻訳するときに気をつけたいことについて、ご説明します。

1. 誰が読むのか、どこに配布するのかを明確すること

パンフレット翻訳と言っても多様多種あります。例えば、製品・サービスのパンフレット・カタログや会社案内・事業案内、製品カタログなどです。

まず、一番に考えなくてはならないのは、「読み手が誰のか」「作る目的が何なのか」をはっきりさせておく必要があるのです。パンフレットの翻訳版を読んだ台湾人にどんな気持ちになって、どんな行動をしてもらいたいのか、これらをしっかりと意識したうえで、翻訳を心がける必要があります。

2. 訳し方に注意すべきこと

パンフレットの内容、目的に合わせ、台湾現地の分かりやすい表現で翻訳を行う必要があります。ブランドのイメージ、商品・サービスのイメージや内容に合わせた、的確で自然な文章表現を心がけなければならない。

例えば、某国立公園について、その中には博物館があるとしましょう。台湾人観光客がその博物館を目当てに訪れた場合、その国立公園内には「博物館への順路」などの看板や標識があります。これらの翻訳はとくに難しいものではありませんが、要するに「台湾人観光客が読んだら、簡潔で分かりやすい内容であるかどうか」という目線で翻訳しなくてはならないということです。

パンフレット翻訳もブランディングやイメージなどの観点から、そのパンフレットで最も伝えたいものを、台湾人観光客にとっては、分かりやすくなるため、集客の効果を自然に発揮できるものになります。

 

【翻訳事例】

パンフレット

リーフレット

学校案内

会社案内

小冊子

チラシ

ポップ

ポスター

料理メニュー

プレゼン資料・・・

 

台湾語が中国語との違い】

日本語 中国語 台湾語
幼稚園 幼儿园 幼稚園
小学校 小学 國小
中学校 中学 國中
大学入試 高考 聯考
姉妹校 兄弟院校 姊妹校
国語 语文 國文
文法 语法 文法
京劇 京剧 國劇
娯楽活動 文娱活动 康體活動

 

マニュアル翻訳

 

【翻訳ポイント】

マニュアル翻訳とは、用語や表現に入念な注意を払いながら、技術的な内容の文書を正確に分かりやすく伝える必要があります。正しく訳された文章であっても、伝えなければならない情報が抜け落ちると、ユーザーの理解を妨げるだけではなく、予想されないトラブルにつながる可能性があります。

従って、マニュアルの翻訳にはたくさんの要素を管理しながら、気を付けなければならいので、しっかりと品質管理を行う必要があります。その品質を確立するためにその分野に精通する専門知識と技術を組み合わせなければならない点が、ほかの翻訳とマニュアル翻訳との違いを生じています。そのため、技術用語を調べるためには、インターネットなどを利用して、翻訳で依頼された以外の専門文献やドキュメントまで閲覧して調べる場合もあります。

原文と同じ意味を伝える翻訳であることはもちろんのことですが、マニュアル翻訳の品質を決めるのは即ち、“用語と表現の統一”です。用語と表現の統一はマニュアル翻訳の重要な品質の一つです。

通常、翻訳支援ソフトTRADOSを使用することにより、用語の統一、全体的な表現の統一など、マニュアル翻訳を低コストで効率的に実現できます。

マニュアルの仕上がりは、ドキュメントの翻訳だけではなく、レイアウト編集・DTPまで対応する場合もあります。これにより、原文のレイアウトに合わせた翻訳が可能になり、ワンストップの対応により、お客様の手間も大幅に軽減しますので、トータルでのコストダウンが可能となります。

 

【翻訳事例】

取扱説明書

マニュアル

カタログ

パンフレット

ユーザーガイド

仕様書

設計書

入札書

技術論文

機能説明書

作業手順書

調査報告書

検査要領書

技術レポート

環境レポート・・・

 

台湾語が中国語との違い】

英語 日本語 中国語 台湾語
Information 情報 信息 資訊
Target ターゲット 目标 標的
Project プロジェックト 工程 專案
ultrasonic wave 超音波 超声波 超音波
Intellectual Property Rights 知的財産権 知识产权 智慧財產權
Silicon シリコン
Surface mount device 表面実装部品 表面贴装器件 表面黏著元件
ball grid array ボール・グリッド・アレイ 球阵列封装 球柵式陣列構裝
digital signal processors デジタル信号処理 数字信号处理器 數位訊號處理器
QA 品質管理 质量管理 品質控管
visual device 視覚装置 视觉装置 視訊裝置
LED 発光ダイオード 发光二极管 發光二極體
LSI 大規模集積回路 大规模集成电路 大型積體電路
LSI 大規模集積回路 大规模集成电路 大型積體電路

台湾語の翻訳を依頼するときに注意すべき事とは

台湾語翻訳のサービス会社

台湾夜市

 

台湾語の翻訳を依頼するときに注意すべき事とは

台湾語翻訳の単価について

台湾でのビジネスに経験・実績が豊富な台湾語翻訳会社をご案内しますよ!ネイティブによる翻訳とチェックが魅力的な翻訳会社です。

台湾語の翻訳ですが、翻訳の単価が二通りです。一つは最も一般的である、翻訳元の文章の一ワードあたりで何円という単価計算です。例えば、台湾語で「香菸」と言うのがありますと、これは二文字分になります。

即ち、一文字15円だとすれば、この漢字を日本語に訳すのであれば30円になる訳です。実質の単価はやはり微妙に違います。或いは逆に日本語に翻訳したときの文字数で考えることもあります。ちなみに「香菸」とは、日本語で言えば「タバコ」になります。一文字あたりで数円の違いであろうとも何万文字になったりしますと総額が大きく違ってくることになりますから、見積もりをご依頼の際、十分にご注意しましょう。

それとそれなりに相場はあるのですがやはりどんな文章を訳すのか、ということによって違ってきます。産業技術分野のマニュアルであるのか、経理関係の書類であるのか、金融関係であるのか、特許関係、或いは契約書ということもあります。専門性のスキルが上がれば上がるほど品質保証の責任が重くなりますし、言い回しが独特になりますから単価は上昇する傾向にあります。これは別に台湾語に限ったことではないです。翻訳業界において、料金形態が常識的ことです。

台湾語の翻訳の費用に関して

実は翻訳という仕事はある程度の相場があった訳ですが、クラウド翻訳では価格破壊がかなり進んでいます。つまりは、どこにも専属せず、翻訳を請け負う人が増えてきており、それで意外と単価が安くなってきている、という傾向がある半面に、翻訳後校正、及び翻訳品質が本当に大丈夫なのか、翻訳依頼者が要チェックです。

これは台湾語の翻訳にも言えることです。ただし、一言に台湾語といっても実は方言があります。どれをどのように依頼するのか、をはっきりとしなければならない。似ているように見えるかもしれませんが、全く違います。また台湾語は、中国の言葉とも別になりますから、依頼する時には注意しましょう。

基本的に相手から具体的に見積もりを提出された時にそのあたりはしっかりと確認されるでしょうが、翻訳依頼側もそこらをへんを理解しておいた方がよいです。重要の単価ですが原則的には文字単価になります。つまりは、翻訳する原稿、文書を一文字いくらで請け負うことになります。但し、その後も細かく違いが出てくる部分があります。例えば契約書、マニュアル、ビジネス、金融関係などは翻訳単価が高くなります。専門用語の表現がとても重要になるからです。それなりの翻訳スキルが求められるのです。

台湾語クラウド翻訳

翻訳の単価について、自分の場合を例に紹介させて頂きます。現在、翻訳会社2社にフリーランスとして登録し、クラウド翻訳には3社登録をしてそれぞれ仕事を受注しておりますが、民間2社は400字詰め原稿用紙で1200円と900円です。翻訳対象にもよるのですが、私の場合特定の翻訳分野がなく、一応「ローカライズ」ということになっています。これが「医薬」や「特許」関連のものであれば、翻訳レートも更に高くなる様です。

ただ、もう一つ問題があります。私のような翻訳者として、確かに1案件9000円~12000円程度にはなるのですが、1日~2日の納期が大半です。それで体力的に非常にきついものです。従って、案件を自由に選べるクラウド翻訳経由の仕事も結構受けております。その2社から継続受注の案件がありますが、1案件8000円程度で、納期は約1ヶ月(実際には1~2週間程度で納品することが多いですが)です。

恐らく年間でも実収60万程度だと思います。(勿論、もう1社と単独の案件もあるにはあるのですが)今はサイドビジネスとしての仕事なのでいいのですが、今後を見据え、翻訳分野もより慎重に選択し、しっかりと稼げるよう考えて行こうと思っています。以上で、一例としてご参考頂ければ幸いです。

中国語翻訳に必要な多くの能力について

f:id:chinese-translator:20181110160849j:plain

中国語翻訳のスキル

中国語翻訳に必要なスキルとは何でしょうか。それは言うまでもなく高い語学力になります。

それは、反対に中国語翻訳なら中国語の語学力さえ高ければ、翻訳力も優れるとは限りません。それも同じように中国語が堪能な中国人に翻訳をお願いしても片言の日本語では、正確に意味が通じないのと同じで、翻訳者の日本語力の高さが大きく関係してくるのです。

なので、小学生レベルの日本語能力を持つ人よりも、社会人レベルの方が優れた翻訳ができますし、日本語教師レベルの能力を持つならば、なおさら質の高い翻訳が可能となります。そして、翻訳というのは直訳で正確な日本語にすればいい、というものではなく、より分かりやすく自然な日本語で上手に表現する能力が必要になりますから、日本語の表現能力が高ければ高いほど翻訳能力も上がりやすいのです。さらに、長文を簡潔に短く伝える能力が必要になる事も多々あります。

ですが、中国語翻訳はそれだけではなく、専門分野の中国語翻訳であれば、その分野の知識も欠かせません。

つまり、中国語翻訳というのは一筋縄ではなく、多くのスキルを集約して、翻訳作業に注ぐ必要とするものなのですが、だからといって常にどんな場面でもハイレベルな翻訳能力が必要とは限りません。例えば、中国の子供と文通している日本人から中国語翻訳を頼まれた場合は、日常会話レベルの中国語力と、高校レベルの日本語力があれば、十分に手紙の翻訳をこなせるでしょう。

中国語の翻訳家はどんな働き方なの?

中国語の翻訳を専門とする翻訳家

 

中国語の翻訳家はさまざまな用途として使用されている中国語の文書を日本語に翻訳するというのが職業です。自宅でも企業でも中国語の文書を日本語に翻訳する仕事は出来るので、ライフスタイルも会社に務める職種と異なり、フリーランスとして自分の生活スタイルに合わせて働くことが出来ます。

翻訳家の2種類の働き方

会社で務めて翻訳業務をする場合は会社の一員という扱いになるので、サラリーマンのように給料をもらう事になります。また会社により翻訳という技能の手当がつく場合もあります。一般的にフリーランスは歩合制となるので、翻訳の仕事をこなした分だけ報酬という形で受け取る事になります。しかし案件の難易度によって翻訳レートが大幅に変わるので、難易度の高い案件を受注した方が報酬も多くなります。

翻訳家は会社、勤務のサラリーマンより自分の生活スタイルに合わせながら仕事をしている方が多いです。フリーランスとして自宅でも翻訳できるので、会社での人間関係や通勤時間などを省くことが可能です。そのため仕事に集中でき、より良い仕事を実現できるというのは大きなメリットになります。しかし仕事を自らで受注しなければいけないので、受注出来ないと収入が少なくなり、不安定というデメリットもあります。

外国語が話せることと翻訳家の違い

国際結婚して中国出身の30代の主婦です。こんな私が地元の人とお友達になったりすると、すぐに「翻訳の仕事をしているんですか?」という風によく聞かれることがあります。私は一応、日本語以外に中国語と英語が話せますが、だからと言って翻訳家である、とは言えません。

翻訳家というのは本当に難しい仕事で、誰でも簡単に対応できる仕事ではなりません。基本的には翻訳した後の目的言語が自分の母語などでなければなりません。これは翻訳業務や海外業務なで実際に翻訳を経験された方に伺った話なのです。翻訳する前の原文についてはもちろん精通しなければいけないのですが、訳文として出来上がったもの(例え、小説など)が読んでしっくりくるものになっていなければ、翻訳の意味はないということです。

確かに、ベストセラー外国文学が邦訳されても、さっぱり売れずに「迷訳」とされてしまい、原本を読むことのできるファンや愛読者から不評を買う、ということはよくあります。中国語など外国語における読解力に加え、翻訳後の母語などにおける文学的なセンスがないと、翻訳として成功したとは言えないものです。英語や中国語が話せるからと言って、イゴールに通訳・翻訳の仕事ができるという認識はまったく間違ったのです。

翻訳するにあたって大切なこと

翻訳には外国語から日本語へ、あるいは日本語から外国語への2パターンがあります。大抵の場合、殆どの人は外国語から母国語へ翻訳するのが得意です。ここでは中国語から日本語に翻訳する場合についてお話しします。

翻訳で大切なポイントは中国語が得意であることはもちろんですが、その前に正しい日本語を書けるかどうかの方に重点を置く場合が多いです。いくら中国語に長けていても日本語の語彙を間違って使ったり、漢字に誤りがあったりすると、せっかく翻訳しても意味が正しく伝わらない場合があります。

中国語を勉強することは勿論ですが、普段から様々な日本語の文献や書物を閲覧したり、テレビのニュースで話される日本語を聞いたりして、できるだけ正確、かつ綺麗な日本語を習得するよう心がけることが重要です。また、翻訳は専門分野に関して依頼される場合が多いので、自分の得意分野を作って理想なパターンです。例えば、技術分野、医療分野、法務分野など専門用語をたくさん使われるケースには、それぞれ特有の日本語の固有名詞を使っている場合があります。

そういった専門用語把握していると、中国語で読んだ時に何を言っているのか正確に翻訳することが出来ます。反対にそれを把握しなければ、まったく翻訳として適切ではない。何か得意分野を作ってそれを専門に翻訳家として仕事ができれば一人前になります。

自分の能力だけでは解決できない時には中国語の翻訳をしてくれる翻訳業者に依頼するといいでしょう。翻訳料金がかかる反面に効率が良く利用できると思います。

翻訳会社の特性を理解して上手に利用する料金見積もり

翻訳会社

海外取引を背景にする企業の増加

グローバル化が進んでおりますビジネスの場面は、以前規模のある貿易商社でしか取り扱えなかった海外との取引は、いまや中小企業でも簡単に行っているのが常識になりつつあります。自社ウェブサイトを外国語対応に多言語化したり、業務マニュアルや説明書を外国語に翻訳したり、プレゼン資料を翻訳したりする際に、翻訳会社を上手に活用した方がより正確に効率よく作成することが可能になります。

翻訳会社の専門分野をチェックする

翻訳会社を選定する際には、翻訳実績を確認することが最も重要です。例えば技術文書の翻訳実績が多い、政府や官公庁からの依頼が多い、弁護士事務所系の依頼が多いなど、翻訳会社によってそれぞれ得意な分野が異なります。

外国語ネイティブと日本人とのクロスチェック体制

また、翻訳チェックについても、日本人とネイティブの役割分担で確認する必要があります。万全な翻訳仕上がりを得られるには、ネイティブ翻訳で日本人チェックの2重体制になっているかどうかなどのポイントがあります。どうしても、日本人と外国人のチェックポイントが異なるので、ネイティブ翻訳だけでは日本語の内容が伝わりにくかったりするものですので、日本人の役割も重要になります。

おすすめな翻訳会社の選定ポイント

最後に、チェックポイントとして翻訳料金と納期になります。品質が保たれていることがもちろんの事が、自分の予算内で必要とする納期に間に合うスピードを持った翻訳会社かどうかは、ビジネスを進める上では非常に重要です。

以上で、おすすめな翻訳会社を選ぶポイントとなります。あなたの海外ビジネスが成功するように願っております。

現在流行っているアプリによる無料の中国語翻訳とは?

中国語翻訳

翻訳ツールが発達している現在では、わざわざ翻訳会社に中国語翻訳の依頼をしなくても、インターネットで検索してみると、容易に便利な翻訳サイトにたどり着く事ができるでしょう。

グーグル翻訳を代表とするアプリ翻訳は、積極的に「ニューラル機械翻訳」を活用した翻訳によって、精度が一気に向上されたと思っていますが、実例として英語や韓国語の翻訳精度が高くなっているのを実感しました。

インターネットで無料翻訳を行うサイトは数多くありますが、英訳サイトの翻訳精度が飛躍に進んだとしても、中国語翻訳の場合には、語彙の表現・文法が多様である事も多く、あまりにも正確な翻訳作品を得られるのは難しいようです。

インターネットで行う無料の中文翻訳だけでは、ネイティブが普段使用している文章とはかなり差がある考えられます。プライベートな翻訳であれば、インターネットで行う無料の中国語翻訳でも理解できればいいかもしれませんが、ビジネスの場面においては、実用になるまでほど遠いですね。

例え:契約書やカタログなどを翻訳しようと思ったら、文字数の上限があります。文字数を踏まえた上で翻訳するのは、自動翻訳では難しいでしょう。

また、小説や映画の字幕なども、もはや翻訳というよりは創作です。こういった人の感情を揺さぶるための翻訳は、機械翻訳ではいつか代替えできるかは思っていません。やはり、人間の創造性や知性が必要な領域まで、自動翻訳で習得するのが難しいでしょうね。

例えば、今まで100%人手で翻訳していたところを、自動翻訳を活用することにより、25%に削減できるなど、効率化をはかることができます。

一方で社外に提出資料は、自動翻訳に100%頼るのは難しいでしょう。情報を提供する側には責任もありますし、誤解を与えない表現になっているか、正しい文章になっているかなどは、今後も人力翻訳に近い翻訳を得られるには、少なくても人がチェックする必要があります。

中国語繁体字と中国語簡体字の違いについて

中国語繁体字の翻訳

今回は繁体字に関することに関して述べていきたいと思います。

「中国語(簡体字)、中国語(繁体字)」今までこの二つをみて、簡体字繁体字の違いに関して疑問を持った方もたくさんいらっしゃるのではないのでしょうか。今回はその違いにも触れていきたいと思います。

中国語の中には大きく分けて二つの書き言葉があります。それが繁体字簡体字です。もともとは、繁体字が主に使われていました。しかし、今から約60年前の中国では識字率がとても低い状態にありました。その課題を解決すべく、中国政府が出した漢字簡略法案によって繁体字の簡略化が進められていきました。それによって誕生したのが簡体字です。

一方、繁体字は古くから中国に伝わっている文字なので、もちろん日本語も繁体字から派生しています。簡体字は日本語の漢字よりもさらに簡略化された文字が使われています。いわば、繁体字旧字体簡体字新字体、ということになります。簡体字は主に、中国、シンガポール、マレーシアで使用されており、繁体字は台湾、香港、マカオで利用されています。

今回の記事で中国語繁体字に関することが少しは理解できたのではないでしょうか。中国はとても広い国なので、地域ごとにより文化、文字、言葉の違いがとても多いです。

ぜひ自分でも中国の魅力をさらに探してみてください。