中国語翻訳フリーランサー

中国語翻訳や勉強を始めている初心者の方に発信する知って得する情報です。

中国語翻訳に必要な多くの能力について

f:id:chinese-translator:20181110160849j:plain

中国語翻訳のスキル

中国語翻訳に必要なスキルとは何でしょうか。それは言うまでもなく高い語学力になります。

それは、反対に中国語翻訳なら中国語の語学力さえ高ければ、翻訳力も優れるとは限りません。それも同じように中国語が堪能な中国人に翻訳をお願いしても片言の日本語では、正確に意味が通じないのと同じで、翻訳者の日本語力の高さが大きく関係してくるのです。

なので、小学生レベルの日本語能力を持つ人よりも、社会人レベルの方が優れた翻訳ができますし、日本語教師レベルの能力を持つならば、なおさら質の高い翻訳が可能となります。そして、翻訳というのは直訳で正確な日本語にすればいい、というものではなく、より分かりやすく自然な日本語で上手に表現する能力が必要になりますから、日本語の表現能力が高ければ高いほど翻訳能力も上がりやすいのです。さらに、長文を簡潔に短く伝える能力が必要になる事も多々あります。

ですが、中国語翻訳はそれだけではなく、専門分野の中国語翻訳であれば、その分野の知識も欠かせません。

つまり、中国語翻訳というのは一筋縄ではなく、多くのスキルを集約して、翻訳作業に注ぐ必要とするものなのですが、だからといって常にどんな場面でもハイレベルな翻訳能力が必要とは限りません。例えば、中国の子供と文通している日本人から中国語翻訳を頼まれた場合は、日常会話レベルの中国語力と、高校レベルの日本語力があれば、十分に手紙の翻訳をこなせるでしょう。

中国語の翻訳家はどんな働き方なの?

中国語の翻訳を専門とする翻訳家

 

中国語の翻訳家はさまざまな用途として使用されている中国語の文書を日本語に翻訳するというのが職業です。自宅でも企業でも中国語の文書を日本語に翻訳する仕事は出来るので、ライフスタイルも会社に務める職種と異なり、フリーランスとして自分の生活スタイルに合わせて働くことが出来ます。

翻訳家の2種類の働き方

会社で務めて翻訳業務をする場合は会社の一員という扱いになるので、サラリーマンのように給料をもらう事になります。また会社により翻訳という技能の手当がつく場合もあります。一般的にフリーランスは歩合制となるので、翻訳の仕事をこなした分だけ報酬という形で受け取る事になります。しかし案件の難易度によって翻訳レートが大幅に変わるので、難易度の高い案件を受注した方が報酬も多くなります。

翻訳家は会社、勤務のサラリーマンより自分の生活スタイルに合わせながら仕事をしている方が多いです。フリーランスとして自宅でも翻訳できるので、会社での人間関係や通勤時間などを省くことが可能です。そのため仕事に集中でき、より良い仕事を実現できるというのは大きなメリットになります。しかし仕事を自らで受注しなければいけないので、受注出来ないと収入が少なくなり、不安定というデメリットもあります。

外国語が話せることと翻訳家の違い

国際結婚して中国出身の30代の主婦です。こんな私が地元の人とお友達になったりすると、すぐに「翻訳の仕事をしているんですか?」という風によく聞かれることがあります。私は一応、日本語以外に中国語と英語が話せますが、だからと言って翻訳家である、とは言えません。

翻訳家というのは本当に難しい仕事で、誰でも簡単に対応できる仕事ではなりません。基本的には翻訳した後の目的言語が自分の母語などでなければなりません。これは翻訳業務や海外業務なで実際に翻訳を経験された方に伺った話なのです。翻訳する前の原文についてはもちろん精通しなければいけないのですが、訳文として出来上がったもの(例え、小説など)が読んでしっくりくるものになっていなければ、翻訳の意味はないということです。

確かに、ベストセラー外国文学が邦訳されても、さっぱり売れずに「迷訳」とされてしまい、原本を読むことのできるファンや愛読者から不評を買う、ということはよくあります。中国語など外国語における読解力に加え、翻訳後の母語などにおける文学的なセンスがないと、翻訳として成功したとは言えないものです。英語や中国語が話せるからと言って、イゴールに通訳・翻訳の仕事ができるという認識はまったく間違ったのです。

翻訳するにあたって大切なこと

翻訳には外国語から日本語へ、あるいは日本語から外国語への2パターンがあります。大抵の場合、殆どの人は外国語から母国語へ翻訳するのが得意です。ここでは中国語から日本語に翻訳する場合についてお話しします。

翻訳で大切なポイントは中国語が得意であることはもちろんですが、その前に正しい日本語を書けるかどうかの方に重点を置く場合が多いです。いくら中国語に長けていても日本語の語彙を間違って使ったり、漢字に誤りがあったりすると、せっかく翻訳しても意味が正しく伝わらない場合があります。

中国語を勉強することは勿論ですが、普段から様々な日本語の文献や書物を閲覧したり、テレビのニュースで話される日本語を聞いたりして、できるだけ正確、かつ綺麗な日本語を習得するよう心がけることが重要です。また、翻訳は専門分野に関して依頼される場合が多いので、自分の得意分野を作って理想なパターンです。例えば、技術分野、医療分野、法務分野など専門用語をたくさん使われるケースには、それぞれ特有の日本語の固有名詞を使っている場合があります。

そういった専門用語把握していると、中国語で読んだ時に何を言っているのか正確に翻訳することが出来ます。反対にそれを把握しなければ、まったく翻訳として適切ではない。何か得意分野を作ってそれを専門に翻訳家として仕事ができれば一人前になります。

自分の能力だけでは解決できない時には中国語の翻訳をしてくれる翻訳業者に依頼するといいでしょう。翻訳料金がかかる反面に効率が良く利用できると思います。

翻訳会社の特性を理解して上手に利用する料金見積もり

翻訳会社

海外取引を背景にする企業の増加

グローバル化が進んでおりますビジネスの場面は、以前規模のある貿易商社でしか取り扱えなかった海外との取引は、いまや中小企業でも簡単に行っているのが常識になりつつあります。自社ウェブサイトを外国語対応に多言語化したり、業務マニュアルや説明書を外国語に翻訳したり、プレゼン資料を翻訳したりする際に、翻訳会社を上手に活用した方がより正確に効率よく作成することが可能になります。

翻訳会社の専門分野をチェックする

翻訳会社を選定する際には、翻訳実績を確認することが最も重要です。例えば技術文書の翻訳実績が多い、政府や官公庁からの依頼が多い、弁護士事務所系の依頼が多いなど、翻訳会社によってそれぞれ得意な分野が異なります。

外国語ネイティブと日本人とのクロスチェック体制

また、翻訳チェックについても、日本人とネイティブの役割分担で確認する必要があります。万全な翻訳仕上がりを得られるには、ネイティブ翻訳で日本人チェックの2重体制になっているかどうかなどのポイントがあります。どうしても、日本人と外国人のチェックポイントが異なるので、ネイティブ翻訳だけでは日本語の内容が伝わりにくかったりするものですので、日本人の役割も重要になります。

おすすめな翻訳会社の選定ポイント

最後に、チェックポイントとして翻訳料金と納期になります。品質が保たれていることがもちろんの事が、自分の予算内で必要とする納期に間に合うスピードを持った翻訳会社かどうかは、ビジネスを進める上では非常に重要です。

以上で、おすすめな翻訳会社を選ぶポイントとなります。あなたの海外ビジネスが成功するように願っております。

現在流行っているアプリによる無料の中国語翻訳とは?

中国語翻訳

翻訳ツールが発達している現在では、わざわざ翻訳会社に中国語翻訳の依頼をしなくても、インターネットで検索してみると、容易に便利な翻訳サイトにたどり着く事ができるでしょう。

グーグル翻訳を代表とするアプリ翻訳は、積極的に「ニューラル機械翻訳」を活用した翻訳によって、精度が一気に向上されたと思っていますが、実例として英語や韓国語の翻訳精度が高くなっているのを実感しました。

インターネットで無料翻訳を行うサイトは数多くありますが、英訳サイトの翻訳精度が飛躍に進んだとしても、中国語翻訳の場合には、語彙の表現・文法が多様である事も多く、あまりにも正確な翻訳作品を得られるのは難しいようです。

インターネットで行う無料の中文翻訳だけでは、ネイティブが普段使用している文章とはかなり差がある考えられます。プライベートな翻訳であれば、インターネットで行う無料の中国語翻訳でも理解できればいいかもしれませんが、ビジネスの場面においては、実用になるまでほど遠いですね。

例え:契約書やカタログなどを翻訳しようと思ったら、文字数の上限があります。文字数を踏まえた上で翻訳するのは、自動翻訳では難しいでしょう。

また、小説や映画の字幕なども、もはや翻訳というよりは創作です。こういった人の感情を揺さぶるための翻訳は、機械翻訳ではいつか代替えできるかは思っていません。やはり、人間の創造性や知性が必要な領域まで、自動翻訳で習得するのが難しいでしょうね。

例えば、今まで100%人手で翻訳していたところを、自動翻訳を活用することにより、25%に削減できるなど、効率化をはかることができます。

一方で社外に提出資料は、自動翻訳に100%頼るのは難しいでしょう。情報を提供する側には責任もありますし、誤解を与えない表現になっているか、正しい文章になっているかなどは、今後も人力翻訳に近い翻訳を得られるには、少なくても人がチェックする必要があります。

中国語繁体字と中国語簡体字の違いについて

中国語繁体字の翻訳

今回は繁体字に関することに関して述べていきたいと思います。

「中国語(簡体字)、中国語(繁体字)」今までこの二つをみて、簡体字繁体字の違いに関して疑問を持った方もたくさんいらっしゃるのではないのでしょうか。今回はその違いにも触れていきたいと思います。

中国語の中には大きく分けて二つの書き言葉があります。それが繁体字簡体字です。もともとは、繁体字が主に使われていました。しかし、今から約60年前の中国では識字率がとても低い状態にありました。その課題を解決すべく、中国政府が出した漢字簡略法案によって繁体字の簡略化が進められていきました。それによって誕生したのが簡体字です。

一方、繁体字は古くから中国に伝わっている文字なので、もちろん日本語も繁体字から派生しています。簡体字は日本語の漢字よりもさらに簡略化された文字が使われています。いわば、繁体字旧字体簡体字新字体、ということになります。簡体字は主に、中国、シンガポール、マレーシアで使用されており、繁体字は台湾、香港、マカオで利用されています。

今回の記事で中国語繁体字に関することが少しは理解できたのではないでしょうか。中国はとても広い国なので、地域ごとにより文化、文字、言葉の違いがとても多いです。

ぜひ自分でも中国の魅力をさらに探してみてください。

いい中国語翻訳会社を見分けるには

いい中国語翻訳会社を見分けるには

中国語翻訳会社の選定ポイントとは

中国語翻訳会社選びで大事なのは?

近年、中国語翻訳は特に需要が高まっています。

しかしいざ翻訳会社に依頼しようとするといろいろな会社があって、どこに依頼すればいいのか迷ってしまう……という方も多いのではないでしょうか。

中国語翻訳会社の品質はさまざま。

会社選びを失敗すると、中国語翻訳の質が悪かったり、最初に会社が出した見積もりより高い金額を請求されたりといったトラブルになる可能性もあります。

いい中国語翻訳会社を選ぶときの一番のポイントは「スタッフの対応」です。

翻訳会社に中国語翻訳を依頼するとき、会社の窓口として対応をしてくれるのがコーディネーターと呼ばれるスタッフです。

コーディネーターは会社へ依頼された原稿の内容を把握して最適な中国語翻訳の担当者を選定したり、会社と依頼者との連絡や、スケジュール調整など行ないます。

また、納品後のアフターフォローを行なうのもコーディネーターです。

そのため、スタッフの質が翻訳会社の質につながるといっても過言ではありません。

スタッフの対応が悪い翻訳会社の中国語翻訳は、トラブルにつながることもあります。

中国語翻訳会社を選ぶときは、スタッフが迅速・丁寧な対応をしてくれる会社にしましょう。

こんな中国語翻訳会社には注意!

スピーディな中国語翻訳をしてくれる会社は依頼者にとって心強いものですが、あまりに納期が早すぎる翻訳会社は要注意。

このような翻訳会社の中には文章を分けて複数人で翻訳したり、校正をしていなかったりする会社もあり、そのような会社では品質の悪い中国語翻訳になりかねません。

価格や納期で疑問に思った場合は、翻訳会社にその理由を尋ねてみたり、他の依頼者から中国語翻訳の評価を聞いてみたりしてみると良いでしょう。